釣りしたい件

Twitter「シーバスベイター」始めました!

シーバスベイターが出会った男「フィッシュマン赤塚ケンイチ」

ベイトタックルでシーバスを追い求め、その先で出会った男

 

その名は「フィッシュマン赤塚ケンイチ」

 

果たして彼は私をピリオドの向こうへ連れていってくれるのか?

 

 

目次

フィッシュマン赤塚ケンイチ

 シーバスベイター的考察によると

 

・赤塚ケンイチ氏はフィッシュマン代表

・フィッシュマンはベイトロッド専門メーカー

・北海道出身

 

その程度しか知りません。

 

なんせシーバスベイター自身がまだまだ釣り初心者ですので、、、

 

なぜフィッシュマン赤塚ケンイチ氏へ辿り着いたのか

ブラックバスの延長でシーバスを始めたシーバスベイターはもちろんベイトタックル使い。

 

ブラックバスとシーバスを釣る上で大きな違いというか問題点は、飛距離!

おかっぱりメインの釣りですから飛距離を出す事がシーバスでは大事なんだと知りました。

 

スピニング使えば解決ですからw

でもベイトタックルなんです、

シーバスベイターですから、、、

 

かっこいいとかじゃなくてただ使いやすかった。

だから使う。

でも飛距離がなって事。

 

飛距離、ベイト、リール、ロッド、シーバス

検索ワードを変えに変え、

ネットサーフィンの日々、、、

 

ある日、見つけた長距離砲の文字!

「フィッシュマン ブリストベンダバール」

サーフゲームに特化!?してるこのロッド。

 

これを手掛けた男、、、そう

『フィッシュマン赤塚ケンイチ』

 

彼は私の悩みを解決した男である。

 

素人が偉そうだが、素人なりに考え辿り着いた場所がフィッシュマンのサイトだった。

きっとシーバス釣りの大きな武器になるはず、、、

 

これまで使用したベイトロッド

私はこれまでにシーバス釣りにおいて、いくつかのベイトロッドを使っていた。

 

全てバスロッドである。 

その中の二機種を紹介。

 

テムジン ワイルドスタリオン

このロッドは泣く子も黙る今江勝隆氏が手がけたガチガチのベイトロッドと私は考えている。

ビックベイトをぶん投げるならこれだぜ!

なんせ今の中古の、価格がとても安いのである。

今は生産中止なので、ちょっとした優越感を持てると思う。

 

参考までに写真を載せときます。

 

f:id:dhygy721:20170222205123j:image

 

ちなみにルアーはジャバロンハード。

いつでも、どこでも、誰でもジャバロン

が代名詞!!!

 

シーバスは70センチくらい、、、

元々、琵琶湖のブラックバスを想定しているこのロッド、

そう、まさにっ、

瞬殺!

 

ウィークポイントが1つある。

重いw

 

しかしながら、硬めが好きな方にはオススメです。

 

タックルデータ

 

・リール エクスセンスDC

 シマノ リール 12 エクスセンス DC

 

・ロッド ワイルドスタリオン

 

・ライン ラパラ ラピノヴァ 1.5号

 ラパラ ラピノヴァX マルチカラー 150m (0.6号~1.5号)

 

・ルアー ジャバロンハード

 

 

カレイド インスピラーレ スーパースタリオン

ワイルドスタリオンなら比べやや柔らかく、ルアーのウエイト幅が広いのが、

神ってるw

 

ブラックバス同様、これ一本のオールラウンドモデル!

 

f:id:dhygy721:20170222211505j:image

 

エバーグリーン カレイド インスピラーレ スーパースタリオン TKIC-71MH-BK ブラックシリーズ

 

これも同じく、琵琶湖で通用するモデル。

ムチッとしててパワーがある。

 

ワイルドスタリオンは打撃系

スーパースタリオンは柔術

 

って勝手に思ってる。

※偶然にも今江氏もそう語っていた(さすが今江イズム継承者シーバスベイターw)

 

柔よく剛を制すスーパースタリオンの方がシーバス向きかもしれない。

 

次期愛刀 ブリスト・ベンダバール

上記の二機種を使用したが今はフィッシュマン赤塚ケンイチ氏が手掛けたこれが欲しい。

 

はっきりいって全く別次元のベイトロッドである。

上記のバスロッドが悪い訳ではないが、飛距離を要するシーバスフィッシングにおいてベンダバールは開発コンセプトなど何から何まで異なる要素が多い、と思っている。

 

簡単に言うと、柔軟さやウエイトの問題である。

スーパースタリオン(130グラムくらい?)に関して言えばウエイトは問題ない、

しかし、ワイルドスタリオン(200グラムくらい?w)はとにかく重いのだ、

 

ではブリスト・ベンダバールはどうだろうか?

200グラムを有に超えるのだ。

だが、ぜひ、店頭にて振ってほしい。

重さを感じないのだ!

 

なぜだ!?

バランサーの役割が大きいと思う、、、

 

赤塚ケンイチ氏も動画内で説明している。

 

まさに天才である。

 

仕組みはわからずとも誰もが感じれる、その感覚。

 

そして、蛇足になるがフィッシュマンのベイトロッドはピン打が得意だ、

あの竿先の柔軟さ、それでいて強いバット部、

 

まさにランカーシーバスを獲るにはもってこいのベイトロッドであるのだ。

 

まだまだベンダバールの特性はたくさんあるが、その内持論を語りたい!

が、赤塚氏の動画を見た方が早いと思う。

 

小まとめ

『ベイトリール飛ばし屋チューン』

中々うまく纏まらないが、次回意向はよりうまく、より多彩な内容をアップして行きたい!

次回はベイトリール特集でもやりたいな。

 

wanna-fishing.hatenadiary.jp

 

 

 アナタに爽快なかっ飛びを!!!