釣りしたい件

2018年 釣したい件 リニューアル !

サーフでヒラメはじめました

読者の皆さんこんにちは!釣件編集長です!

最近サーフでのヒラメフィッシングに目覚めた釣件編集長ですが、サーフフィッシングがこれほど魅力的だとは思いもしませんでした。ですが、いざ始めてみると疑問だったり不便な事があったりと問題が生じてくるのがサーフフィッシングなのではないでしょうか。今回は釣件編集長が実釣から得た便利グッズや必需品などを紹介しつつ、年明け実釣レポートをしますので宜しければ御覧になって下さいm(ーー)m

 

目次

キャッチ&ストマックの精神とは

f:id:dhygy721:20180110015157j:image

釣った後の新鮮なヒラメのお刺身は格別で特にこの厳寒期のヒラメは美味です。しかしながらリリースせずにヒラメの命を頂く訳ですので、ヒラメに感謝し余す事無く調理しなくてはなりません。それがキャッチ&ストマックの精神なのです。

ヒラメが捌けない場合

ヒラメが捌けない方もおられるかもしれませんが心配はいりません。最近ではインターネット上やYouTubeでの動画などで多くの情報が得られます。
根本的に包丁が使うのが苦手だったり、調理中の臭いが気になるという方はスーパーなどの生鮮売り場へ持ち込めば比較的安価な料金(個人差はありますが)で魚を捌いてもらえます。意外と知られていない情報ですが多くのスーパーなどで行われているサービスなのです。大手ではイトーヨーカドーの生鮮売り場でも行われています。もちろん地域や店舗によってはできない場所もあるかと思います。私も近所のスーパーに電話で確認したところ料金は魚種や魚の数、大きさによって異なるそうです。

「ヒラメ 60cm 一尾の場合」

 サク切り:500円

 刺身  :1000円

私の近所のスーパーでは上記の内容でした。

皆さんも一度お試しになられてはいかがでしょうか。

 

サーフでヒラメを狙う上での便利グッズ

ここではサーフでのヒラメフィッシングで「あったらいいなぁ!」と感じた便利グッズをご紹介します。

ロッドスタンド

f:id:dhygy721:20180110015055j:image

 ヒラメをサーフで狙う場合に限らずサーフフィッシングではロッドスタンドが非常に便利です。便利というより必需品と言えます。ヒラメをランディングした後にタックルをサーフへ置いてタックルに砂が着くと愛用のタックルが不具合を起こしかねません。特にリールに砂が絡むと異音を発し釣りどころではなくなります。なので必ずロッドスタンドは用意しておきましょう。私自身、実釣中に「あったらいいなぁ!」と感じたロッドスタンドですが、あると本当に便利です。ランディング後だけでなく休憩する時などにも重宝します。
私が使用しているタイプは普段は二つ折りになっていて使用時は真っ直ぐにしてサーフに突き刺すのみの簡単仕様で値段も安価なロッドスタンドです。こちらのタイプ以外にもロッドスタンドはありますし、下記にご紹介してますのでご自分のスタイルに合ったロッドスタンドを見つけ出して下さい。

 

釣件編集長の愛用ロッドスタンド ←編集長オススメ!

 

ベルモント(Belmont) ライトロッドスタンド(サーフ) MS-219 ←人気商品!

 

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー サーフスタンドシングル 850 ブラック ←漢のDaiwa!

 

ストリンガー

 

f:id:dhygy721:20180110124348j:plain

 釣ったヒラメを持ち帰るまで新鮮に保つ為の便利グッズです。使い方はストリンガーをヒラメの顎やエラに貫通させて泳がせておきます。ヒラメに限らずほぼ全ての魚種に使用出来るので持っておいて損はないです。
私はサーフヒラメ初心者なのでまだ持っていません。これも実釣中に「あったらええなぁ!」と感じた便利グッズです。

 

ストリンガー ストリンガーセット ←格安モデル!

 

編集長のヒラメ実釣レポート

年明け早々にヒラメを狙いにサーフへ向かいました。午前3時にポイントへ到着、外はまだ暗く風はほぼ無い状況で波も穏やかでした。平日という事もあり他のアングラーは見当たらなかったです。早々に準備をして実釣開始!まずはフローティングミノーではなくシンペンをフルキャストしました。私が入ったサーフポイントは小さな川の流れが差し込むところで離岸流が程よく効いていました。特に手前に差しかかると絶妙な流れで初心者ながらに「ここは一級ポイントやな!」と思いました。手前まで丁寧にシンペンを通し、実釣開始20分くらい(まだ薄暗い)経ったところでやや重みを感じました。ヒラメのアタリというよりゴミを引っ掛けた感覚でした。フッキングもせずそのももリールを巻き波打ち際で更なる重みを感じ、目を凝らすと何やら黒い陰が見えました。

「あ、ヒラメだ」

全然引かないし拍子抜けでした。
ちゃっかり「あけおめフィッシュ!」
サーフ初心者なので離岸流なのかヒラメなのかゴミなのかもわからぬまま60cmのヒラメをGETしてしまいました。(釣った直後の写真が無いのが残念!というか嘘くさい)
その後はゴールデンタイムを期待しましたがヒラメを釣る事は出来ませんでした。周りも釣れていないようなので納竿です。

 

ヒラメHITルアー 

 f:id:dhygy721:20180110135313j:image

 

ブルースコードスリム  

 

今回のヒラメHITルアーは上記のルアーです。実釣中に写真を撮っていなかったので後で撮りました。決して買った魚ではありませんw
普段はシーバスフィッシングで多用するルアーなんですが、なんとなくカラーがヒラメ好みな気がして使ってみました。

 

いざ、実食!

f:id:dhygy721:20180110140759j:plainf:id:dhygy721:20180110140837j:plain

今回は冒頭でも言いました通り近所のスーパーでお願いしました。
クーラーBOXを店内に持ち込むのはやや恥ずかしい気がしたのは私だけでしょうか。
料金は刺身盛りをお願いして1000円(サク切りなら500円)でした。60cmのヒラメでこれだけのお刺身がいただけます。アラのお持ち帰りは自由でしたがキャッチ&ストマックの精神にのっとり全て頂きました。(アラは出汁をとるのに最高です)

 

まとめ

こんな感じでゆるりとサーフでヒラメを狙い始めた訳なんですが非常に難しいサーフの釣りを更に突き詰めて行こうと思います。

皆さんも「キャッチ&ストマック」お試しあれ!

最後までありがとうございましたm(ーー)m

 

Twitter:釣りしたい件フォローしていただけたら幸いです!