釣りしたい件

2018年 釣したい件 リニューアル !

シーバス釣れないヤツ利根川こいや【コアマンVJ-16初心者編】

全国4人wの購読者の皆さん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?今回はシーバス釣れないヤツ利根川こいや!って話です。購読者以外でこの記事へ辿り着いたシーバス初心者アングラーの方も今回は必見の内容ですので、ぜひ参考にして下さい!
むしろ、シーバス釣れない初心者の為に向けて書きますのでプロの方はご遠慮下さい。
コアマンVJ-16はシーバス界では言わずもがな、爆釣、入れ食い、ボーズ逃れを実現するシーバスが釣れない初心者必見のルアーです。恥ずかしながらそれを知らなかった私ですが、知人の情報でコアマンVJ-16を知りました。普段彼らは千葉県の利根川をホームグランドとしてシーバスフィッシングを楽しんでいます。ここ最近の利根川はコアマンVJ-16効果が覿面で、何やらお祭り騒ぎらしいのです。彼らや私の釣果を元にコアマンVJ-16の魅力やメカニズム、極秘メソッドを紹介します。

つーか御託抜き!シーバスの釣り方暴露します!では参ります!

 

目次

シーバス釣れない奴ちょっと利根川来い【コアマンVJ-16指南書】

今回はシーバスが釣れない初心者の方に向けて、コアマンVJ-16の指南書を作ります。
VJ-16の基本的な仕様、スペックなどを中心に他のサイトには無い内容を順を追って解説していきます。着眼すべきポイント・キーワードの遠投性能、ルアーフォルム、千鳥モーションなどを意識しながら読み進めて下さい。
 

指南書1 コアマンVJ-16とは

 

f:id:dhygy721:20181111000123j:plain

 出典:コアマン(写真はコアマン泉氏より無許可にて引用中、削除依頼があり次第削除するものとする)

 
このフォルムは何か生命感を感じさせるデザインです。ルアーコンセプトはぶっ飛びバイブレーションジグヘッドと言ったところでしょうか。VJ-16ジグヘッドは通常のジグヘッドよりも重量感があり、その結果シーバスフィッシングにおいて重要な飛距離をかせぐ事が出来ます。そのぶっ飛びジグヘッドにコアマン・アルカリシャッドを装着させます。補足と着眼点としてはアルカリシャッドのテール部の向きです。通常ワームのシャッドテール部は尻下がりの向きですが、VJ-16に装着するアルカリシャッドはテールが尻上がりになっています。例としてビーチウォーカーハウルのテール部を確認してみて下さい。

f:id:dhygy721:20180118044936j:plain

出典:俺氏

シャッドテールの向きは通常この向きです。
後々解説しますがこのテールとVJ-16ジグヘッドのバランスによって※千鳥モーションを誘発させ、釣果も尻上がりとなりますwww
 
詳しい仕様・スペックなどはコアマン公式サイトを御覧下さい!
(蛇足になりますが、中古のシーバスルアーを手にした際にフックサイズなどが分からない事ありませんか?コアマンの公式サイトはそのような情報をしっかり載せています。それは当たり前の事なんですが非常に大切な事で、そのような情報を載せていないメーカーも存在しますので、本当に良い一流メーカーを見極める示唆要素となります。
サイトがしっかりしているメーカーはルアー即ち釣果に結果が必ず現れます!
初心者の方はその辺も視野に入れてみるといいでしょう)
 
 

指南書2 VJ-16爆釣の理(ことわり)

 私の知人がホームとする千葉県にある利根川は非常に広大なエリアでメーターオーバーのランカーシーバスの釣果も望める素晴らしいフィールドです。冒頭に述べた通り最近はVJ-16爆釣祭りな情報が多数入ってきている模様です。そしてここではコアマンVJ-16の釣れる理についての考察です。その理を更に細分化してみましょう。
 
指南書2-1 コアマン・アルカリシャッド

f:id:dhygy721:20181111025247j:plain

出典:コアマン(写真はコアマン泉氏より無許可にて引用中、削除依頼があり次第削除するものとする)

泣く子も黙るコアマンスーパーワーム!アルカリシャッド!カラーバリエーションが豊富で先に述べたように尻上がりのシャッドテールが特徴的です。VJ-16ジグヘッドが誕生する前から普通のジグヘッドに装着して使用するだけで釣れると評判の一品。やはり基本的にソフトなルアーはハードプラグよりも強い、釣れると断言できます。(※状況によってはハードプラグの方が良い時もあります)

 
指南書2-2 千鳥モーションとは
 近年、釣り業界で良く耳にする「千鳥」という言葉は皆さんも聞いた事があるでしょう。バスフィッシング界が一番始めにこの千鳥ブームに火をつけたのではないでしょうか。中でも千鳥一番乗りはイマカツこと今江克隆氏、むしろ千鳥ブームの火付け役は彼と言えます。また千鳥モーションの説明や解説も流暢で聞く者すべてを納得させるあのトーク術、脱帽です。そんな彼のトーク術を拝借しながら、そもそも千鳥とはなんぞや?を明確にしていきましょう。
 

f:id:dhygy721:20181111065628j:plain

 出典:freepik(削除依頼があり次第削除するものとする)
 
千鳥モーションのイメージは上記の画像がわかりやすいです。引いてくるルアーの軌道が嘘発見機などの不規則波形のようになること、それが千鳥モーションです。
もっとわかりやすく言えば、酔っぱらいwよく酔っぱらいの千鳥足っていいますよね?それです!あの酔っぱらいの歩く軌道は不規則そのもの、千鳥モーションとはそういう事です。
 
そしてこの千鳥がなぜブラックバスやシーバスなどのフィッシュイーターに効くのか?私は明確な理由は知りませんがバスプロの意見や己の実績、経験からフィッシュイーターの補食スイッチを入れる理由になっていると確信しています。
 
過去に私が千葉県の銚子市へ行った際にある港へ青物の群れが入って来た事がありました。その時のエサとなる対象魚が逃げ惑う軌道もこれに酷似していました。このような事からも千鳥モーションがシーバスなどの補食スイッチを入れる事に大きく関わっていると言えます。
 
コアマンVJ-16の千鳥はどう生み出されているのか!?
正直今のところは私も解明出来ていませんが、千鳥モーションが発生する事はコアマンのYouTubeチャンネルや私自身の経験からも実証済みです。
 
おそらくではありますがアルカリシャッドのシャッド部が主にバイブレーションを生み出し背中で水を受け流しながら、ジグヘッド部はバランスを崩す役目を果たし、結果ジグヘッドとアルカリシャッドの絶妙なバランスで千鳥を生み出しているのではないかと私は考察しております。 

 

指南書3  How to VJ-16 in 利根川【使い方】

 ここまではコアマンVJ-16の基本的な仕様や特徴を記してきましたが、ここからは肝心の使い方です。基本的なVJ-16の使い方、特に利根川に効く使い方を紹介しつつ釣果を報告していきます。シーバス初心者の方は基本的な使い方をコアマンのYouTubeチャンネルで確認すると非常にわかりやすいです。

 

・ただ巻き【おすすめ度 ★★★☆☆】

遠投してひたすら巻く方法で具体的に説明するとリールを1秒一回転くらいの早さで巻くイメージです。自分が普段行くフィールドに合った巻速度を探す初歩的な動作となります。

 

・ストップ&ゴー【おすすめ度 ★★☆☆☆】

シーバスフィッシング界において、釣りにおいて基本であり重要なテクニックの1つです。コアマン推奨と言えるくらい釣れる、他のアングラーの意見を見てもストップ&ゴーが1番釣れると皆口を揃えます。しかしながら千葉県にある利根川ではそこまで釣果に反映されていないのが私たちの意見です。確かにストップの瞬間に食わせの間を与えヒットさせる事もできましたが爆釣に結びつくそれとは違う、そのような印象です。(私のストップ&ゴーが下手なのかもしれませんが)

 

指南書3-外伝 VJ-16利根川【究極奥義千鳥神拳】

・早巻き【おすすめ度 ★★★★★ + ★★★】

究極奥義の正体は早巻きです。船の近くにいる居着きのシーバスから回遊している元気なシーバス、ぼけぇーと浮いているシーバス、全ての利根川シーバスのヤル気スイッチをONします。奥義のコツはアナタがイメージしている速度よりも早巻きで千鳥を誘発させる事です。ルアー回収するくらいの速度でも釣果は出ています。
(ルアーが水中から飛び出すのはNG!)

レンジコントロールがしやすいVJ-16の特性を生かして、自分の立ち位置から正面→右側→左側の表層から中層、深層の順にルアー着水後のカウントダウンできっちり攻めます。(カウントダウンは下記画像参照)

f:id:dhygy721:20181111181853j:image

出典:俺氏 

立ち位置一カ所につき、方向3 × レンジ3(深さ・層)=計9通り
これに巻き速度を加える事でバリエーションが更に増し獲れるシーバスの数に明確な差が生まれます。上記でも述べたようにイメージ以上の早巻きがポイントです。船などのストラクチャーの際を早巻きで攻めると効果覿面です。

 ※注意点

早巻きと一言にしてもどのくらいだ!?という意見もあるでしょう。そんな時ははじめにVJ-16の動きを確認してください。普段はバイブレーションしているVJ-16が早巻きであるスピードに達すると千鳥ます。またVJ-16ジグヘッドとアルカリシャッドのバランス、そして巻き速度によって千鳥モーションが起こりますので、ぜひ自分のVJ-16の千鳥ポイントを見つけだし、奥義千鳥神拳を会得してください。

 
以上の内容を意識しながらシーバスを狙えば、利根川に限らず日本全国の河川や海でシーバスを獲る事ができます!断言します!

 

 

VJ-16祭り釣果報告とVJ-16まとめ

最後に利根川シーバスVJ-16祭りの状況をヒットカラーなどを交えながらまとめていきます。 またVJ-16の収納などの様子もあわせて紹介して指南書を綴じます。

 

・シーバスダービー参加!(大会結果)

f:id:dhygy721:20181112020701j:imagef:id:dhygy721:20181112020707j:image
出典:釣りしたい件(知人に無断で掲載)

 こちらの写真は先日行われたシーバスダービーでの一枚!残念ながら入賞ならずでしたが、キーパーサイズのシーバスを見事にVJ-16でGETしました!(釣ったのは釣りしたい件のメンバーであり私の知人です) 

 

 ・利根川おすすめカラーの金系

f:id:dhygy721:20181112024533j:image
出典:釣りしたい件(知人に無断で掲載)

釣行を重ねるごとに感じた事は、利根川にはアカキンなどの金色カラーが良く効くことがわかってきました。

 

・VJ-16祭り

f:id:dhygy721:20181112024537j:image
出典:釣りしたい件(知人に無断で掲載)

 シーバスだけでなくヒラメも釣れています!私はピンク系で釣った事がなく利根川は金色系かイワシなどのナチュラル系がおすすめですが、ピンク系の釣果報告が多数あります。

 

 ・VJ-16 収納 & カラーリング

f:id:dhygy721:20181112024540j:image
出典:釣りしたい件(知人に無断で掲載)

カラーリングを自分で行いモチベーションを上げて釣りに挑む事も大切な事です。収納の仕方も自分次第で扱いやすく良いものが出来上がる事でしょう。

 

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

ぜひ、皆様の釣果に変化が起こる事を心よりお祈り申し上げますー。

 

 

 

いつでも、どこでも、だれでもVJ !!!!!

 

 

 

 

業界激震!絶対にシーバスが釣れるルアーの理を暴露

全国4人の読者の皆様、お久しぶりです。

久々の投稿になります。

心身共に満身創痍でしたが、やっと心とカラダのバランスがとれてきたので久々に再開です。

 

今回は神ルアーについてのお話です。

前置きが長くなりそうなので怠い人は目次までスクロールして下さい。

(今回は目次ないんですけどw)

 

シーバスが釣れなくて嘆く人を今までにたくさん見て来ました。

そして私もその一人、、、

 

・シーバスを惹き付けるルアーとは何なのか?

ワームなのか?

プラグなのか?

 

・はたまた、どのようなアクションが良いのか?

タイトなウォブンロール?

バイブレーション?

死魚のようなドリフト? ぷかぷか系?

S字?

 

現在の釣り業界自体の景気は下り坂らしい、、、

しかしながら、その中でも各メーカーの新作(タックル、ルアー問わず)が続々と世に送り出されています。

 

多種多様なルアーがあると結果どれが1番なのかわからなくなります。

それは釣り業界の悪いところもあるかと思います。

誇大広告!

過度な動画編集!

魚の使い回し!

など色々な策が講じられています。

 

どんなに良いルアーでも学校のプールでキャストしてもシーバスは釣れません。

 

場所、それに合ったルアー、地合などが合致して成立するのが釣りと言うものです。

それを理解した上で釣り具を選び、釣りを楽しんで欲しいです。

 

話が脱線してまとまりがつかなくなってきました。

要するに、真実を見抜き、真の神ルアーを見つけましょうって話です。

信用ある情報を見抜き、あなたにとっての神ルアーをぜひ!

 

そんな中私が見つけた神ルアーを今回はご紹介!

 

ジグザグベイト知ってますか?

ポジドラのレッド中村氏が世に送り出した名作です。

動きはS字系です。

 

S字系って最近は聞き慣れて来て結構増えました。

ガンクラフトのジョインテッドクローや今はなき漢のDaiwa、S-RUSU !

ルーブルーのスネコンもその口かと思います。

 

上記の中でもS字の動きに違いがあるのです。

・自然な動きで水に馴染むS字

・タイトに動くS字

・不規則な動きを織り交ぜるS字

 

このくらいですかね?これってネットで良く聞くし、好きなのを使えばいいじゃんて話なんです。

 

ただし!

もっと重要なポイントがあるんです。

これを意識しているメーカーは釣れるルアーを作ります。

それだけではないんですけど、ここ重要!って話です。

 

これはまじな話です。

それを言って終わります。

 

それは、、、

、、、

、、、

軌道

、、、

、、、です。

 

これを意識してルアーを選んでみて下さい!

 

イマカツ×ビーチウォーカー「ikハウルチャター」

はいどーも皆さんこんにちは!釣件編集長です!
今回はイマカツとビーチウォーカーを融合させたお話です。

 

「ikハウルチャター」のコンセプト

f:id:dhygy721:20180118044936j:image

初っぱなから完成品をお披露目!
コンセプトは「世界一スローに引けるハイアピールハウル」です。
正直、これだけスローに引けて、これだけハイアピール出来るハウルでヒラメが釣れない訳がないです。(願望・思い込み)

ヒラメ釣りにおいてハウルは誰もが釣れると口を揃える革命的なルアーですが、実のところ私はまだそれを実感できていないのです。初心者にありがちかもしれませんがボトムレンジをうまく通せていない事が原因でしょう。

私は普段、飛距離を考慮・意識しハウルシリーズの中で最も重いタイプを使用していますが、ボトムをズル引きしてしまったり、ヒラメの遥か上層を引いてしまったりと全くレンジコントロールができていないのです。天候に恵まれない日は尚更です。ハウルの状態を把握出来ていないのです。

ルアー自体のウエイトを下げればその不満も解消されますが飛距離に納得がいきませんし強風などの悪天候時に軽めのハウルではストレスを感じます。ヘビーウエイトで遠くに飛ばした上でスローにじっくりとハイアピールで引いてみたいのです。またチャターブレードを装着する事で水中のルアー動作を強く感じて扱いやすくする事でストレスも軽減させたいのです。

当初、ヘビーウエイトのハウルをスローにハイアピールで引くにはどうしたら良いかを考えた時にチャターブレードを採用する案は9秒で思いつきました。そして製作も順調すぎる程早く、9分くらいで完了しました。

しかしここからが苦労の日々で、自宅プールでテストの繰り返しでした。
直ぐに釣行に出向く事も可能だったかもしれませんが、納得いかない点(初動・浮き上がり)があり修正の日々、、、最終的にチャターブレードに手を加える事でそれは解消されました。

最終テスト段階ではスイムアピール、スイム速度、強度に関して完璧と言っていい程の出来でしたので翌日釣行へ向かう為の準備にとりかかりました。ただ不安要素はありましたが、、、

 

実釣日誌

ikハウルチャターのデビューですが、まずは海に差し込む小さな川でスイムチェックしました。流れの中でも申し分のないスイミングです。
いざキャストして引いてくるとしっかりルアーアクションが手元に伝わって来て素晴らしいルアーが完成した事を実感しました。



ただ、、、やっぱり飛ばない w

お疲れした、今日はボーズっす。(あのテストの時間を返してくれ)

場所によっては力を発揮してくれそうな気もしますが、今回は失敗です。

 

最後までありがとうございましたm(--)m

 

ハウルは普通に使いましょう

 

 

 

某プロの「18イグジストあげます」応募してみた#1

はいどーも皆さんこんにちは!釣件編集長です!

今回のトピックは応募シリーズ第一弾(#1)です。
プレゼント企画の真相を暴くべく、某プロ氏のプレゼント企画に応募してみた話です。
兎にも角にも当選しなくては何も始まらない話ですので経過報告しながら進めます。当選しなかった場合は応募シリーズ記事は即終了であります。

 

目次

某プロの「18イグジストあげます」とは

f:id:dhygy721:20180117194455j:image

「18イグジストあげます」なんてそんな都合のいい話ある訳ないと思うのが普通かと思います。私は普段ネットサーフィンをしながら色々な方のブログを拝見させて頂いてます。そんな時に某プロ氏の「18イグジストあげます」のプレゼント企画を発見!
企画はシンプルで某プロ氏のアンケートに答えるだけ、それだけのようです。

18イグジスト以外のプレゼント内容

そもそも某プロ氏とこの企画を詳しく知っていた訳ではないのですが、過去の記事などをサクッと拝見させて頂きました。元々は「ステラあげます」という企画でこれまで行われてきたようです。そして今回のプレゼントは18イグジストやステラだけに限った話では無いようで、以下のプレゼントが用意されている模様です。

・14ステラ 5名様(18ステラ発表に伴い18ステラも可)

・NEWカーディフモンスターリミテッド93ML 4名様

・原工房ルアー 13名様

ビットコイン100万円分 1名様(取引所アカウント作成が必須)

・18イグジスト(追加プレゼント)

上記4種類が始めのプレゼントでした。その後に18イグジストの発表がありステラ同様にプレゼント追加となったようです。

 

「18イグジストあげます」かんたん応募方法(所要時間 約3分)

企画の応募方法は某プロ氏が用意した応募ホームで必須項目を入力するだけです。
入力項目は以下の通りです。

・一番実績の高いバチ抜けルアーの選択

・そのルアーを選んだ理由の記入

・シーバス暦の選択

・名前記入(ハンドルネーム可)

・当選連絡用のメールアドレス記入

・希望プレゼントの選択

・自由記入欄(任意)

このように選択項目が多いので非常にかんたん!
応募が終わると確認メールが某プロ氏側より送られて来ますので確認を忘れないようにして下さい。

 

まとめ

以上が今のところの経過報告となります。過去の記事を見ていたら、これまで企画の度に「嘘だ!何だ!」とSNS上で揉め事も起こっているようでした。
それも今回で終わりにしましょう!釣件編集長の強運で!
しかし楽しみで仕方ないです。次回、当選した事をお知らせ出来たら幸いです!

それと今回は敢えて書きませんでしたが応募には「Wチャンス」もあるようです。もちろん、ここでの説明が完璧ではありませんので某プロ氏のサイトで確認し自己責任で応募にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

某プロで検索!

サーフでヒラメはじめました

読者の皆さんこんにちは!釣件編集長です!

最近サーフでのヒラメフィッシングに目覚めた釣件編集長ですが、サーフフィッシングがこれほど魅力的だとは思いもしませんでした。ですが、いざ始めてみると疑問だったり不便な事があったりと問題が生じてくるのがサーフフィッシングなのではないでしょうか。今回は釣件編集長が実釣から得た便利グッズや必需品などを紹介しつつ、年明け実釣レポートをしますので宜しければ御覧になって下さいm(ーー)m

 

目次

キャッチ&ストマックの精神とは

f:id:dhygy721:20180110015157j:image

釣った後の新鮮なヒラメのお刺身は格別で特にこの厳寒期のヒラメは美味です。しかしながらリリースせずにヒラメの命を頂く訳ですので、ヒラメに感謝し余す事無く調理しなくてはなりません。それがキャッチ&ストマックの精神なのです。

ヒラメが捌けない場合

ヒラメが捌けない方もおられるかもしれませんが心配はいりません。最近ではインターネット上やYouTubeでの動画などで多くの情報が得られます。
根本的に包丁が使うのが苦手だったり、調理中の臭いが気になるという方はスーパーなどの生鮮売り場へ持ち込めば比較的安価な料金(個人差はありますが)で魚を捌いてもらえます。意外と知られていない情報ですが多くのスーパーなどで行われているサービスなのです。大手ではイトーヨーカドーの生鮮売り場でも行われています。もちろん地域や店舗によってはできない場所もあるかと思います。私も近所のスーパーに電話で確認したところ料金は魚種や魚の数、大きさによって異なるそうです。

「ヒラメ 60cm 一尾の場合」

 サク切り:500円

 刺身  :1000円

私の近所のスーパーでは上記の内容でした。

皆さんも一度お試しになられてはいかがでしょうか。

 

サーフでヒラメを狙う上での便利グッズ

ここではサーフでのヒラメフィッシングで「あったらいいなぁ!」と感じた便利グッズをご紹介します。

ロッドスタンド

f:id:dhygy721:20180110015055j:image

 ヒラメをサーフで狙う場合に限らずサーフフィッシングではロッドスタンドが非常に便利です。便利というより必需品と言えます。ヒラメをランディングした後にタックルをサーフへ置いてタックルに砂が着くと愛用のタックルが不具合を起こしかねません。特にリールに砂が絡むと異音を発し釣りどころではなくなります。なので必ずロッドスタンドは用意しておきましょう。私自身、実釣中に「あったらいいなぁ!」と感じたロッドスタンドですが、あると本当に便利です。ランディング後だけでなく休憩する時などにも重宝します。
私が使用しているタイプは普段は二つ折りになっていて使用時は真っ直ぐにしてサーフに突き刺すのみの簡単仕様で値段も安価なロッドスタンドです。こちらのタイプ以外にもロッドスタンドはありますし、下記にご紹介してますのでご自分のスタイルに合ったロッドスタンドを見つけ出して下さい。

 

釣件編集長の愛用ロッドスタンド ←編集長オススメ!

 

ベルモント(Belmont) ライトロッドスタンド(サーフ) MS-219 ←人気商品!

 

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー サーフスタンドシングル 850 ブラック ←漢のDaiwa!

 

ストリンガー

 

f:id:dhygy721:20180110124348j:plain

 釣ったヒラメを持ち帰るまで新鮮に保つ為の便利グッズです。使い方はストリンガーをヒラメの顎やエラに貫通させて泳がせておきます。ヒラメに限らずほぼ全ての魚種に使用出来るので持っておいて損はないです。
私はサーフヒラメ初心者なのでまだ持っていません。これも実釣中に「あったらええなぁ!」と感じた便利グッズです。

 

ストリンガー ストリンガーセット ←格安モデル!

 

編集長のヒラメ実釣レポート

年明け早々にヒラメを狙いにサーフへ向かいました。午前3時にポイントへ到着、外はまだ暗く風はほぼ無い状況で波も穏やかでした。平日という事もあり他のアングラーは見当たらなかったです。早々に準備をして実釣開始!まずはフローティングミノーではなくシンペンをフルキャストしました。私が入ったサーフポイントは小さな川の流れが差し込むところで離岸流が程よく効いていました。特に手前に差しかかると絶妙な流れで初心者ながらに「ここは一級ポイントやな!」と思いました。手前まで丁寧にシンペンを通し、実釣開始20分くらい(まだ薄暗い)経ったところでやや重みを感じました。ヒラメのアタリというよりゴミを引っ掛けた感覚でした。フッキングもせずそのももリールを巻き波打ち際で更なる重みを感じ、目を凝らすと何やら黒い陰が見えました。

「あ、ヒラメだ」

全然引かないし拍子抜けでした。
ちゃっかり「あけおめフィッシュ!」
サーフ初心者なので離岸流なのかヒラメなのかゴミなのかもわからぬまま60cmのヒラメをGETしてしまいました。(釣った直後の写真が無いのが残念!というか嘘くさい)
その後はゴールデンタイムを期待しましたがヒラメを釣る事は出来ませんでした。周りも釣れていないようなので納竿です。

 

ヒラメHITルアー 

 f:id:dhygy721:20180110135313j:image

 

ブルースコードスリム  

 

今回のヒラメHITルアーは上記のルアーです。実釣中に写真を撮っていなかったので後で撮りました。決して買った魚ではありませんw
普段はシーバスフィッシングで多用するルアーなんですが、なんとなくカラーがヒラメ好みな気がして使ってみました。

 

いざ、実食!

f:id:dhygy721:20180110140759j:plainf:id:dhygy721:20180110140837j:plain

今回は冒頭でも言いました通り近所のスーパーでお願いしました。
クーラーBOXを店内に持ち込むのはやや恥ずかしい気がしたのは私だけでしょうか。
料金は刺身盛りをお願いして1000円(サク切りなら500円)でした。60cmのヒラメでこれだけのお刺身がいただけます。アラのお持ち帰りは自由でしたがキャッチ&ストマックの精神にのっとり全て頂きました。(アラは出汁をとるのに最高です)

 

まとめ

こんな感じでゆるりとサーフでヒラメを狙い始めた訳なんですが非常に難しいサーフの釣りを更に突き詰めて行こうと思います。

皆さんも「キャッチ&ストマック」お試しあれ!

最後までありがとうございましたm(ーー)m

 

Twitter:釣りしたい件フォローしていただけたら幸いです! 

謹賀新年!2018年「釣したい件」リニューアルのご報告!大した話じゃない件!

f:id:dhygy721:20180108214424j:plain

 

全国数名の読者の皆様、

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

本日のトピックは「釣りしたい件」リニューアルのお話です。

リニューアルと言っても大した話ではないのですが、全国読者の皆様から少しづつ意見も頂けるようにもなりましたので、読者の皆様だけにでもご報告しておこうと思います。

 

リニューアルの内容

まずリニューアルの内容を箇条書きにてサクッとご説明致します。

1.ニックネームを変更

2.継続的に記事を更新

3.為になる情報の発信(SNSでの発信)

たったこれだけですw

 

2018年の抱負

2017年は正に激動の年でありました。

就職、パワハラ鬱病っぽくなり、失業。

本当に辛い事がたくさんあり、また自分が社会不適合車と感じさせられる年でしたw

お先は真っ暗ですが、この失業をきっかけ、そして復活のバネにして前進あるのみ、2018年は記事を定期的に更新し読者の皆様の為になる情報の発信に努めるを抱負とさせていただきます。

 

以上、大した話じゃないんですが報告致します!

ありがとうございましたm(ーー)m

 

邪道の冷音(レイン)というシーバスルアーについて

はいどーも皆さんこんにちは!

シーバスベイターです!

 

本日のトピックは邪道の冷音(レイン)について。

シーバス釣りたい方に私の釣果を元に解説したいと思います。

参考になれば幸いでありますm(ーー)m

 

目次

邪道 冷音(レイン)とは

冷音(レイン)とは邪道からデビューしたルアーです。

邪道はシーバスルアーを多く世に送り出している老舗メーカーです。

また邪道の公式サイトではプロモデルが存在しており、それも邪道の魅力と言えます。

ここからは更に掘り下げて邪道の冷音(レイン)について解説していきます。

 

メーカーコンセプト

邪道がアピールする冷音(レイン)のコンセプトは,

「トラブル減のダーティングマスター」

もはやただ巻きのバイブレーションは邪道に言わせれば当たり前らしく、それを踏まえた上で今までにない形のバイブレーションを生み出したようです。

(上記文章 一部邪道公式サイトより引用)

 

ルアーカテゴリー メタルバイブレーション

冷音(レイン)のルアーカテゴリーはメタルバイブレーションに分類されます。

上記メーカーコンセプトから分かるように今までのメタルバイブレーションとは切り口が違うようです。

確かに今までのメタルバイブレーションはただ巻きが基本であり、ルアー自体でダートさせる発想はあまり無かったのではないでしょうか?

アングラーのテクニック次第ではダートは容易かもしれませんが、初心者でもしっかりダートさせイレギュラーアクションを起こす事を可能としたルアー、それが邪道 冷音(レイン)です。

 

ルアー詳細

通称ちび冷音(レイン)

全長62mm 14g / 対応フック:オーナー・ガマカツ #8×2個・対応スプリットリング:#1

 

冷音(レイン)
全長77mm 24g / 対応フック:オーナー・ガマカツ #6×2個・対応スプリットリング:#2

 

この2種類が存在するので場所や用途によって使い分けて下さい。

シーバスベイターがお勧めするのは断然24gです。

なぜなら、おかっぱりアングラーは飛距離が大事になってくるからです。

 

適正(場所)

冷音(レイン)はメタルバイブレーションですので、飛距離は抜群です。

サーフ、干潟、河川や河口、磯や漁港、港湾と何処でも対応します。

 

邪道 冷音(レイン)使い方

ここからは肝心の冷音(レイン)使い方を解説します。

 

アイポジション

f:id:dhygy721:20171115040823p:plain

(写真 邪道公式サイトより引用)

アイポジションは基本として早巻きは前の穴、ゆっくり攻めるなら後ろの穴へスナップして下さい。

シーバスベイター推奨は前の穴です。

ダートが上手く起きるからです。

特に以下のリトリーブを参考にして下さい。

 

ロッドワーク ×

やや上級者向けと言える使い方です。

トゥイッチやジャークを使い故意にルアーアクションを与えます。

ただ冷音(レイン)に関してはこの手法はオススメしません。

少しくらいのアクションなら良いのですが、過度なアクションは経験上釣果にいい結果が見えませんでした。

あくまで個人的な感想ですので、色々試す事が1番大切かと思います。

 

リトリーブ ◎

リトリーブ=巻く事

冷音(レイン)使い方の肝はこれです。

実は不規則なダートはリトリーブによって容易に発生させる事ができます。

ポイントはリトリーブの強弱で、早巻きやストップなどを繰り返す。

たったコレだけで冷音(レイン)が持つ本来のダート能力を発生させる事が出来ます。

個人的にはハイギヤのリールがオススメです。

慣れるまでは水中の動きがわからず不安になりますが、ルアーが見える位置で泳がせて練習すれば誰でも出来る事です。

 

邪道 冷音(レイン) まとめ

最後にシーバスベイターの釣果報告とオススメカラーを紹介します。

 

シーバスベイターの釣果

f:id:dhygy721:20171115042713j:plain

小さいですがこの日は30尾ほど釣れる爆釣劇場でした。

ダートだけでなくただ巻きによるヒットもありました。

次回はサイズUPを目標にしたいです。

 

オススメカラー

邪道 冷音(レイン) 14g  (売れ筋)

 

邪道 冷音(レイン) 24G  (お買い得)

 

2点ほどオススメしてますので参考までにチェックしてみて下さい。

残り在庫には限りがありますのでこの機会にGETして下さい!

 

まとめ

今日ご紹介した邪道 冷音(レイン)ですが、とても使いやすく良いルアーです。

また邪道からは他にも魅力的なシーバスルアーが多数ありますので、そちらのインプレッションなどもこれからやっていこうと思います。

最後までありがとうございました。

 

良い釣りを、、、

 

 

 

物は試し!釣りチームのtシャツを任せた件

はいどーも皆さんこんにちは!

シーバスベイターです!

 

今日の話はあんまり釣りには関係無いかもです。

 

話は数ヶ月前、アマチュアフィッシングチーム『釣夢人』のtシャツでも作ろうか!?

ってなった訳です。

趣味の範囲ですし、試しにやってみる事に。

 

今回はチームメイトにお任せです。

若干うまくできるか心配な方にお任せしたんですね、、、w

案の定、今回は他メンバーの意見はあまり聞かずにヤルとの事でした。

しかも出来上がりまでのお楽しみ!

完成するまでシャツは見れない!

って、さすがです。

任せる相手を間違えたシーバスベイターの不安は確信へ、、、www

まぁ趣味、遊びの範囲ですし気楽にって感じで、、、

 

 

 

そんなこんなで出来上がったのがこんな感じ。

 

f:id:dhygy721:20170625200659p:image

 色々、なんで!?って突っ込みどころ満載なとこがありますw

 

背中側はこんな感じでした。

f:id:dhygy721:20170625200745j:image

 

 

ちなみにシーバスベイターはこれを部屋に大事にしまってありますw 

 

次回はシーバスベイターがデザインしてみたいものですw

 

 

どーでも良いお話でした、

それではみなさ、良い夜を、、、

 

 

黒鯛が釣れたルアーはバイブレーションだった話

はい!どーも全国2名の読者の皆さんこんにちは!

お久しぶりです!

シーバスベイターです!

私の知らぬ間に2名の読者様が!!!

ありがとうございますm(ーー)m

 

長らく放置気味でしたこちらのブログ再開しますよー!

シーバスベイター就職した後に忙しくて更新どころか釣りすりゃ行けてない状況w

色々ありまして、今は無職であります。

 

そんな話はさておき、今日は黒鯛釣れたんでその時の事を綴ろうと思います。

 

目次

 

黒鯛とは?

まずは軽くここから入りましょう!

まず黒鯛は雑食で何でも食べる魚と言えます。

生息域は海はもちろんの事、シーバスと似ていて気水域を好む傾向があるようです。

黒鯛には種類があって、尻びれが黄色いキビレ、本チヌの2種類です。

キビレの方がルアーへの反応が良く、味も美味と言われています。

 

そもそも黒鯛のイメージは海、磯、エサ釣り、こんな印象がありませんか?

ルアーで釣れるのか?疑問を抱く方もおられるかと思います。

最近ではYouTubeやTVなでど黒鯛をルアーで狙うシーンも良く見受けられます。

シーバスを狙いに行って黒鯛が釣れるなんて事もしばしば。

むしろそれが要因となって黒鯛ルアーゲームが浸透してきたのでは?

と勝手ながら思ってます。

 

黒鯛が釣れるルアー

ここでは私の知りうる狭く浅っさぁーい知識の元、一般的に黒鯛が釣れると言われる黒鯛ルアーを紹介して行きます。

 

トップウォーター

f:id:dhygy721:20171112150655j:plain 

黒鯛ルアーゲームの代名詞ですね。

バス用のポッパーだったり、ソルト用のトップウォータープラグはたくさんあります。

この釣りが一番オーソドックスで釣果にも直結する良い釣り方かと思います。

TVや雑誌のメディアなどを見ていてもこの釣り方が一般的と言えます。

 

 

ミノー

f:id:dhygy721:20171112152306j:plain

ミノーは説明不要ですよね!?シーバス用のミノーにも平気で食って来ます!

写真はミノーというかクランクですねw

でもこれは正真正銘の黒鯛ルアーなんですよ!

目を見れば特徴的なんで皆さんおなじみのあのメーカーですよ!

 

 

ビックベイト

f:id:dhygy721:20171112154916j:plain

YouTube Project YUKI 様より引用(削除要請が合った場合直ちに削除します)

この方はYouTubeにてビックベイトを巧みに扱い、シーバスなどを釣っています。

シーバスベイターと同じでベイト使い!勝手ながら親近感湧いてます。

とても興味深く、テクニカルな釣りをするお方であります!

ビックベイトの扱い方もうまいし、尊敬します!

f:id:dhygy721:20171112155746j:plain

素晴らしすぎる!!!

ビックベイトで黒鯛仕留めた動画はこれが人類史上初ではないでしょうか?

気になる方はYouTubeにて御覧になって下さい。

 

やはり雑食ということもあり、黒鯛は大概のものなら食ってくるのですね。

バズベイトで釣れたりしたら中々面白いですね。

 

シーバスベイターが黒鯛釣ったルアーは?

記事のタイトルで既にネタバレしてるんですけど、私が黒鯛を仕留めたのはバイブレーションなんです。

f:id:dhygy721:20171112162335j:plain

中々いい黒鯛です。引きも良かったです!

バイブレーションは使い方に肝があって、その手法でしかこの日は反応しなかったです。

その土地やポイントによって様々だと思いますが私が行っていたのは表層パターンってやつですね。

レンジを変えて潜らすと全く反応がないけど表層辺りを引いてくるとしっかり反応しました。

トップに反応しやすい黒鯛ですが、釣るコツはレンジなのかもしれません。

皆さんも黒鯛がいるポイントに行ったらルアーでガンガン攻めてみて下さい。

 

まとめ 今回登場した黒鯛ルアー達

記事内で紹介したルアーを総おさらいします。

リンクを付けますので興味のある方は参考までに見て下さい!

 

 

メガバス ポッピング ダック GP シースルーウォーターメロン(品薄、お早めに!)

 

 

メガバス ピークス(SP-C) GG_ORANGE_GOLD

 

 

メガバス I-SLIDE 185 SS ピンクバックアユ

 

   

ロンジン キックビート 15g ギーコ(メッキ)(シーバスベイター愛用)

 

  

ダイワ バイブレーション ミニエント  (シーバスベイター愛用)

 

 

特にオススメなのはメガバス ポッピングダックですね!

黒鯛専用設計ですし、品薄みたいなので希少な逸品って感じがします。 

 

これら意外でもまだまだ可能性は無限大ですから皆さんのオリジナル釣法や黒鯛マッチングルアーを見つけだして下さい!

 

今日はこの辺で!最後までありがとうございました!

 

皆さんに釣りで得られる幸せと安息を祈っております。